疑問を解決!耐震リフォーム事例

耐震リフォームに必要な知識を身につけ疑問を解決しよう

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

自宅の耐震性を知る上での第一歩は建築された時期を知ること

いくら建物の耐震性が高くても、その建物が建っている地盤が軟弱であったなら意味がありません。 固い板の上に建っている家と柔らかい豆腐の上に建っている家があるとします。 同じだけ揺らした場合、どちらの建物がより揺れるかは想像できると思います。 地盤の強度はそれだけ大切なのです。 続きを読む

建物を支える地盤強度の重要性

大地震が起きる度に、自分が今住んでいる住まいの耐震性は大丈夫だろうか、と不安になる方は多いのではないでしょうか?
実際、耐震性を補強するリフォームをしようと考えている方も大勢いらっしゃると思います。
ただ、耐震性を補強するリフォームと言っても、何をどうリフォームすればいいのかわからない、という方がほとんどだと思います。
ここでは、どのような建物の耐震性が低く、どのようなリフォームをするべきなのかを取り上げていきたいと思います。

耐震補強のリフォームをする上で、まず一番に調べるべきことと言えば、今のお住まいの耐震性がどの程度なのか、です。
最初の段階として、今のお住まいが建築されたのがいつなのか、を調べるのが第一歩です。
それは、新耐震基準が制定されたのが1981年だからです。
つまり、耐震性を知る上で1981年以前の建物か以降の建物かが大きな分岐点となるというわけです。
ここ最近発生した大地震でも、新耐震基準を満たした建物の倒壊が旧耐震基準の建物に比べて格段に少なかった、という結果が出ています。
ただ、すべての新耐震基準の建物が安全かと言えばそうでもないので、それだけで安心するのはまだ早いです。
自分の住まいの建築年を把握したうえで、しっかりと耐震診断をしておくほうが良いでしょう。
その耐震診断をしたうえで、どの部分の補強が必要かを把握し、耐震補強を行っていきましょう。
これから、耐震補強が行うべき部分ごとの説明と事例をあげていきたいと思います。

地震に強い形状の家と弱い形状の家

耐震補強を考える場合、家の形状がどうなっているかによって、どのような耐震補強をすべきかが変わってきます。 では、どのような形状の家が地震に強く、どのような形状だと弱いのか。 地震に弱い形状の家は、どのような耐震補強をすべきなのかをここでは記載していきます。

続きを読む

壁が担う耐震性とは

耐震補強のリフォームをする上で、これまで記載してきた、建築年数・地盤強度・建物の形状の具体例は耐震構造の基礎的な部分だったり、建物全体に関わる基本中の基本的な部分でした。 今回は、耐震補強をする上で皆さんが一番突き当たるであろう、壁の耐震補強の具体例をあげていきたいと思います。

続きを読む