疑問を解決!耐震リフォーム事例

地震に強い形状の家と弱い形状の家

家の形状による耐震性の違い

まず、地震に強い家の形状とはどんなものなのかを説明してきます。

地震に強く、耐震性が高い家の形状はシンプルな形状の家です。
シンプルな形状の家とはどんな形かというと、簡単に言えば長方形の形をした家のことです。
完全に長方形でなくても、いくつかの長方形が組み合わさった形の家も耐震性が高い家と言えます。
また、多層階の家の場合、上層階部分が一部分に偏っておらず、中心に重なっている形ほうが耐震性が高い家の形状と言えます。
地震は、縦や横に揺れるわけですが、その揺れに対して家が踏ん張れるかがポイントになるわけですから、よりシンプルな形状の家が地震に強いのは当然と言えるかもしれません。
逆に地震に弱い家は、例えば一階部分に駐車場を設置するためのスペースを作ってあるけど、その真上には建物があるような建物だと、一階部分の他の建物に負荷をかけてしまい、耐震性の低い形状となってしまうのです。

地震に弱い形状の家の耐震補強の方法

このように、複雑な形をした形状の家はどのような耐震補強をしていけばいいのでしょうか。
家の形状はそれぞれの家によって違います。
まず、最初に今のお住まいの家の形状の耐震性がどの程度なのかを調べる必要があります。

例えば、先ほど例として出した一階を駐車場としてスペースを作り、二階に住居があるという形状の家をピロティ構造と言います。
土地を有効活用するうえで都心部ではよくみられる形状の家だと思います。
このような形状の家の場合、車を駐車する際に必要な出入り口が大きな開口部となってしまい、他の壁や柱に負荷が大きくかかってしまいます。
まず、どの部分に負荷がかかっており、その負荷を支えるだけの強度のある柱がしっかりと設計されているかを調べ、もし不十分であれば、新たに柱を付け加える、基礎部分を補強するなどすると、耐震補強ができます。


この記事をシェアする