疑問を解決!耐震リフォーム事例

壁が担う耐震性とは

耐震性からみると、壁には二種類の壁がある

多い少ないに関わらず、どの家にも基本的に壁はあると思います。
ただ、耐震性の観点から見た場合、壁にも二種類の壁があります。

一つは、耐力壁と呼ばれている壁。
この耐力壁とは、建築基準法の規定に基づき、地震や風圧に対抗することができるように、筋かいを入れたり、構造用合板を張ったりした壁のことです。
耐震壁という言葉を聞かれたことがあるかもしれませんが、耐震性を強めるための壁なので、耐力壁の一部と考えていいと思います。
もう一つは、非耐力壁と呼ばれている壁です。
これは、上記のような耐力壁とは違い、ただ間切りの意味合いだけに設計された壁のことです。
つまり、いくら壁が多い家でも、非耐力壁ばかりを使用しているとしたら、耐震性の強い家とは言えない、ということです。

耐力壁を増やせばいいというわけではない

耐震性を高めるために、耐力壁を増やそうと考えている方もいらっしゃると思います。
ただ、耐力壁を増やすことについても注意点はあります。

耐力壁を増やす場合の具体的な注意点としまして、ただ闇雲に耐力壁を増やせばいい、というわけではないということを理解する必要があります。
耐力壁は主に、地震の横揺れに対しての対策として使用されており、家全体のバランスをしっかり考えたうえで補強をする必要があるのです。
つまり、建物全体の構造を理解し、不足部分に耐力壁を補強してこそ、意味があるものなのです。
また、壁を増やすということは、住居の空間を狭く感じさせてしまう可能性も十分考慮に入れて設計をする必要があります。
地震に安心な家を作ることは当然として、生活がしづらい家では意味がありません。


この記事をシェアする